Shopping cart
¥0

VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)の登録

自動システムを起動させる場合は、VPS設定が必要になります。
VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)とは、簡単に言えばインターネット上にパソコンをもうひとつ保有するサービスのこと。自身の保有するパソコンで自動システムを稼働させようと思うと、パソコンの電源をずっとつけっぱなしにしなければいけません。
VPSは、仮想空間上にサーバーを保有するので自身が所持しているパソコンの電源を切ったとしても24時間自動で稼働してくれます。自動システムで運用している人にとっては必須のサービスでしょう。

CtraderおすすめのVPS

基本的にどこのVPSを使ってもらっても構いませんが、私はTradingFX VPSを利用しています。契約したら即座にVPS接続に必要な情報を発行してくれます。TradingFX VPSのサイトを開きアカウントを作成します。作成したら、Services → Order New Servicesをクリックします。

私は一番安いStanderd Forex VPSのプランを使っています。月額25ドルです。

サーバーの位置、支払いサイクルを入力してチェックアウトします。

購入したら、Services → My Servicesから契約した商品の詳細を確認することができます。
黒く塗りつぶしてあるところが、必要な情報ですね。

VPS Informationから、IP AddressやLogin、Passwordの情報が確認できます。この情報は接続するときに必要となるので、どこかにメモしておくようにしましょう。

接続方法

上記のようにして契約したVPSへの接続方法は、お使いのパソコン環境によって異なります。
以下、Windows10とMacの接続方法について解説していきます。

Windows10

スタートメニューより『 リモートデスクトップ接続 』を見つけてクリックします。
020.png

『オプション』をクリック。
030.PNG

先ほど控えたIP Addressを『コンピューター』の欄に、Loginを『ユーザー名』の欄に入力し『 接続 』をクリックします。

控えたPasswordを入力し、『OK』をクリックします。

以下のような画面が表示された場合は、『はい』をクリックします。
060.PNG

リモート接続が開始されます。
070.png

macOS

現在、MacベースでVPSを提供している会社はありません。そのため、Macユーザーは専用のアプリをダウンロードして使用する必要があります。まずは「Microsoft Remote Desktop」と検索して、App Store からアプリをダウンロードしてください。
アプリを起動すると、以下の画面が表示されます。新規設定を開始するには「+」をクリックします。
010.png

入力に必要なのは、以下の4項目。
020.png

Connection name 名前を入力します。(好きな名前を決めて入力してください。)
PC name メモしたIP Addressの情報を入力します。
User name メモしたLoginの情報を入力します。
Password メモしたPasswordの情報を入力します。

左上の「閉じる(×)」をクリックすれば、入力した設定内容は保存されます。

保存した設定をダブルクリックすると、サーバへの接続が開始されます。
※「Connection name」と「User name」に入力した内容が表示されます。

サーバへの接続時に以下のようなメッセージが表示された場合は、「Continue」をクリックしてください。
050.png

これにて、VPSへの接続方法は以上です。自動売買を利用する場合は、FORT TRADINGに限らず全てのケースでVPSは必要となってくるので、初めてのかたは利用方法をしっかり覚えておきましょう。

 

詳細情報は無料Discordでも確認できます。今なら、無料で』特別特典ももらえる!!
※特典内容はDiscord内で確認してください。なお、特典は予告なく終了する場合があるので、お早めに。

未分類
Previous reading
cTrader Automateの使い方
Next reading
指標発表オート利確