Shopping cart
¥0

Tradeviewの口座開設手順

※Tradeviewの口座開設はこちらから!!

Tradeviewで口座開設

基本情報の入力

まずは一つずつ基本情報を入力していきましょう。
取引プラットフォームは必ずCトレーダーを選択すること!! 他のプラットフォームを選択するとコピートレードを利用できません。

米国市民に関する情報・国籍・本人確認書類について

・米国市民権に関する情報
アメリカにて市民権や永住権を保有しているかどうか。アメリカ国籍を保有している場合、Tradeviewを利用することができません。ほとんどの方は保有してないと思いますので、「米国市民権や永住権はありません」を選択してください。

・米国籍以外の場合の身分証明書番号
国籍、本人確認書類の種類、本人確認書類の番号を入力します。「本人確認書類の番号」は、パスポートを提出する場合はパスポート番号、免許証の場合は免許証の12桁の番号を入力してください。

職業・総資産・収入源について

職業や収入源に関するアンケートです。よほどのことがない限り基本的に問題はないでしょうから、自身に当てはまるものをパパッと選んでいきましょう。

投資経験・投資予定額

投資の経験、および投資予定額に関するアンケートです。こちらも深く考えず、パパッと選んでしまいましょう。

必要書類のアップロード

Tradeviewで取引するためには、「公的身分証明書」と「現住所確認書類」をアップロードする必要があります。

・公的身分証明書
公的機関が発行した顔写真付きの証明書のこと。パスポートがベストですが、運転免許証でも対応可能です。
・現住所確認書類
 自身の氏名と現住所が確認できる書類のこと。公共料金請求書やクレジットカードの請求書、銀行の利用明細などを提出すれば良いでしょう。

署名して送信

最後にマウスで電子署名を行い、チェックを入れて送信。何も問題がなければ、通常数営業日以内に口座開設完了のメールが登録メールアドレス宛に送信されます。

以上で口座開設の申請は終了。口座開設完了のメールが届いたら、入金をしてコピートレードを開始しましょう。

 

なぜトレードプラットフォームとしてCtraderを選んだの? 次世代プラットフォーム、Ctraderを徹底開設!!

次世代プラットフォームCtrader

 

Tradeviewってどんな証券会社?信頼性は大丈夫? 魅力を徹底解説。Tradeviewが実はすごい

Tradeviewが実はすごい!

Tradeview
Previous reading
Tradeviewが実はすごい!
Next reading
DISCORD(ディスコード)の使い方